紙面のカラーバランス

色の配色はデザインの仕上がりを大きく左右する重要なポイントです。

安売りの広告なのか、高級感を出したいのか、親しみを感じさせたいのか、インパクトを持たせたいのか。様々なポイントで色の使い方が変わってきますが、ある程度方向性を定めた上で配色を決定する事がキレイな広告を作る決め手になります。

例えばメインとなるビジュアルの写真が青っぽい場合、青基調で全体をまとめるのか、それとも青をポイント使いで目立たせる色として使うのか。写真のポイントカラーと、紙面の基調色(もしくはポイント色)を統一させると全体的に締まって見えるのでキレイな広告に仕上がります。

赤と緑、青と黄色など、補色でまとめすぎるとギラギラした派手なイメージになりますので、安売りチラシで無い場合はあまりオススメできません。どのようなデザインにするにしても、1〜3色程度の主役色を決めた上で脇役色をできるだけ控える事が重要です。

 

下の二つ、どちらが落ち着いて見えますか?逆に派手に見えるのは?

 色をまとめた場合   色を多用した場合

 

 

ウラ技トップに戻る

関連するウラ技一覧

ウラ技キーワード検索

(1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (3) (3) (3) (4) (4) (6) (6)