掲載サイズや商品によって色に変化を持たせる

掲載商品による色バリエーション例チラシのデザインは配色一つで印象が大きく変わります。例えば黄色ベースに赤や黒などコントラストの強い配色はインパクトがあり、お得感やサービス提供への強い意志が伝わります。

淡い青の空に白い文字でキャッチコピーなどは清潔感のある女性的なイメージに変わります。広告の企画が安さやインパクトを訴求する場合、前者のようなコントラストの強い配色で作成されると紙面イメージと配色がマッチし見やすいデザインになります。エステやネイル、高級商材などを扱う場合、後者の方がチラシにマッチします。

これはあくまでも例ですので、あえて逆のパターンで攻めて見るのも面白いですが、その場合紙面全体のバランスが大切です。ターゲットユーザーがこどものチラシに黒バックに金色の細い文字でデザインをしても、手に取ったユーザが、誰に向けてのチラシなのかを分かってもらえないかもしれません。あえてのウラワザは、ポイント使いでちょっとしたあしらいとして掲載することがテクニックです。

 

ウラ技トップに戻る

関連するウラ技一覧

ウラ技キーワード検索

(1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (3) (3) (3) (4) (4) (6) (6)