メリハリを持たせる

メリハリのある写真のジャンプ率チラシを作成印刷配布まで考えると1回の宣伝で相当な手間と費用がかかります。

できるだけコストパフォーマンスを高くするために色々な商品を掲載したくなってしまいますが、チラシを手に取るお客様にとってそんなにたくさんの商品情報は必要ないのです。

「目的としている商品がそのチラシに載っているのか」「目的としている商品があるわけではないが、興味を引く商品があるかどうか」なのです。あれもこれもと欲張ってたくさん掲載してしまうと『このチラシ読むのめんどくさそうだな』と思われてしまい、手に取る事すらしてもらえない危険があります。できるだけ内容はコンパクトに、売りたい商材や目玉商品を大きく詳しく、付随するその他の商品情報は抑え気味に掲載しましょう。これがチラシ等広告デザイナーがよく利用する【メリハリを付ける】という技法です。

 

ウラ技トップに戻る

関連するウラ技一覧

ウラ技キーワード検索

(1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (2) (3) (3) (3) (4) (4) (6) (6)