弊社では、多数の整骨院様、鍼灸院様のチラシ作成をお手伝いさせていただいております。
整骨院、鍼灸院のチラシ広告には厚生労働省の定めた広告できる内容のガイドラインが定められています。
こちらのガイドラインから外れた広告を配布すると、管轄の保健所より指導、罰金、営業停止などの処分が下される可能性もございます。
チラシ広告での集客だけでなく、長期的な営業で地域に根付くためにも正しい広告知識を付けましょう。

整骨院・鍼灸院のチラシ広告のガイドラインとは

整骨院・鍼灸院様のチラシ広告ルールは「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」で定めています。ルールに乗っ取っているチラシか、違反しているチラシかは、お客様の店舗を監督する保健所が判断します。また、このルールは「医療広告ガイドライン」ではありませんので、ご注意ください。

お客様の地域の都道府県のホームページより資料をダウンロードできる場合もございますので一度ご確認ください。

 

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律とは

資格取得時に確認する事になる法律です。上記の資格を取得して営業されているお客様全てが対象となります。整体院など、国家資格を取得していない方は上記の法律の対象外となりますが、国家資格を持っているような虚偽の広告を作成すると違反となります。

法律の該当部分を抜粋します。

第七条  あん摩業、マツサージ業、指圧業、はり業若しくはきゆう業又はこれらの施術所に関しては、何人も、いかなる方法によるを問わず、左に掲げる事項以外の事項について、広告をしてはならない。
 一  施術者である旨並びに施術者の氏名及び住所
 二  第一条に規定する業務の種類
 三  施術所の名称、電話番号及び所在の場所を表示する事項
 四  施術日又は施術時間
 五  その他厚生労働大臣が指定する事項 ○2  前項第一号乃至第三号に掲げる事項について広告をする場合にも、その内容は、施術者の技能、施術方法又は経歴に関する事項にわたつてはならない。

ご確認いただけるように「掲げる事項以外の事項について、広告をしてはならない」と定められています。
「オープン時の体験会の告知をしたい」とご要望がよくございますが、こちらは上記の項目に含まれていない為掲載ができません。


チラシ広告の位置づけは

厚生労働省、保健所へ確認したところ、「不特定多数のターゲットの目に入るものは全て広告」との回答でした。
不特定多数とは「新聞折込チラシは良くて、ポスティングはダメ」という事ではなく、来客された店舗内の顧客以外が目にする全てが広告という位置づけらしいです。例えばポスターであれば、店内に貼っていても外の通りから見えるような場所に設置すると広告、店舗内からしか見えない場所に設置すると店内の告知物、という扱いになるそうです。

店内の告知物とは

既に来店された顧客は不特定多数ではないため、広告にはならず上記の法律は適用されません。お店の設備やサービス、院長のプロフィールなどを紹介されても良いのではないでしょうか。
弊社では配布用のチラシ広告以外にも院内のパフレットやポスター、名刺など様々な印刷物を取り扱っております。

まず感じたのが、法律の設定方法が少しおおまか過ぎるのではないかと感じました。インターネットで検索したところ、昭和22年12月20日に成立、昭和23年1月1日から施行されたとても古い法律だという事がわかりました。改正は都度行っているようですが、医療広告でないのであれば、まだまだ改訂しなければならない部分もあるのではないかと感じました。

また、たった数行の文章で規制していますので、問い合わせした際の担当者や地域によっても見解が異なる事がありました。例えば、「地図」に関しては、地図を載せて良いと書いていないので載せてはいけない。という担当者と、「所在の場所を表示する事項」にあたるので掲載しても良い。という担当者がいました。
上記のような例もあるので、広告作成時は必ず地域の保健所へ確認を取る事が重要だと感じました。
また、これまではお客様名を伏せた状態で確認を取っていましたが、「必ずお客様の名前も合わせて質問してください」と言われる担当者もいるので、できるだけ包み隠さずに確認を取る必要があると思います。

整骨院・鍼灸院のターゲットは中年〜高齢者が多く、チラシでの集客が最も効果的な世代です。
法律は遵守しながら、集客率の高い広告を作成することが、整骨院・鍼灸院ビジネスの成功と言えるのではないでしょうか。
弊社では今後も効果的な訴求方法を探して行きたいと思います。