チラシ写真の
撮り方のポイント

近年はカメラの性能も上がり、素人でもプロ並みに撮影する事が可能になってきました。しかし、売れるチラシを作るためには、より完成度の高い商品写真を掲載する事が必須です。こちらでは、チラシ写真の撮り方のポイントをご紹介していきます。

チラシにおける写真の重要性

写真は商品の魅力を伝えるのに手っ取り早い手段です。写真は人の興味を一気に惹きつける事ができます。人と人との第一印象が大事なように、商品の第一印象の良さは写真の良し悪しで決まるともいえます。印象の良い写真は購買意欲を一気にそそり、購入につなげる事ができます。

撮り方のポイント

デジカメについている機能を上手に活用しましょう。「露出補正」の数値で明るさを調整する事ができ、「ホワイトバランス」を活用すれば、天気や電気の種類など、撮影状況に合わせてベストな状態を設定する事ができます。

また、デジカメのフラッシュは光源が強いので基本的には使用しない事をおすすめします。フラッシュを使用すると、商品本来の色にならず商品の後ろに影ができてしまいます。そのため、フラッシュは使用せずレフ版を使用すると良いでしょう。小物などの小さい商品は、平置きをせず、立体感を持たせる事で高級感が生まれます。

商品撮影のポイント

商品撮影はきれいに撮る事はもちろん重要ですが、「何に使うための写真なのか」をイメージさせる事も大切です。実際にその商品を使用する人のニーズに合わせ、商品の魅力を引き出す事がポイントです。

料理撮影のポイント

料理写真はシズル感が大切です。シズル感とは「美味しそうな感じ」の事なのですが、食品のみずみずしさが伝わる事で、食欲や購買意欲はそそられます。美味しさ、食感、香りなどの臨場感を出す事が重要です。

例えばお団子の場合、お団子をただ撮るだけではなく、もみじやイチョウなどをバックに持ってきたり、和柄の敷物やお茶などをセッティングしたりと演出が大事です。

また、シズル感には立体感も必要です。真上からではなく角度をつけて撮影する事がポイントです。照明は斜め後ろから光を当て、やや逆光ぎみに光が当たる状態にします。逆行にする事で食材の色に光が当たり、食材の新鮮さが際立せる事も可能です。

こちらでは、チラシ写真の撮り方のポイントをご紹介しましたが、弊社では撮影依頼も承っております。チラシのデザイン制作を手掛ける弊社では、折込チラシや広告チラシなどに掲載する写真をプロのカメラマンが撮影いたします。撮影ノウハウを熟知したプロのカメラマンが商品の魅力を引き出し、美しく撮影いたします。

弊社ではチラシのデザインから印刷、納品まで一括発注が可能で料金も格安です。どうぞご利用ください。

ページの先頭へ

 
 
contents_bottom