見やすいチラシの
作り方とは

インターネットやテレビなど様々な宣伝方法がある中で、チラシによる宣伝もとても効果的です。しかし、チラシはたくさんの人に見てもらうためのものなので、チラシ印刷をするなら見やすさを重要視するべきでしょう。見やすいチラシを作るには、どのような点に気をつければいいのでしょうか。

見る人を意識したレイアウト

宣伝効果の高いチラシを作るためには、見る人を意識する事が大切です。文字がバラバラだったり、不自然な図や絵があったりすると、読みづらくなってしまいます。そして、情報は整理してグループに分けるといいでしょう。

例えば、インテリアや家具店のチラシなら、キッチン、バス、トイレ、寝室などに区切り、色分けしたり線を引いたりするとわかりやすくなります。キッチン用品が欲しい人は、チラシを広げてすぐ特売のキッチン用品がチェックできるなど、欲しいものが探しやすくなり訴求効果につながるでしょう。

情報の優先順位を決める

すべての情報を同じようにチラシに盛り込んでしまうと、一体どれが重要なのか、又は何が伝えたいのか曖昧になってしまいます。そのため、チラシ作成の前に情報の優先順位を整理しておくといいでしょう。

「決算大バーゲン」「お得なキャンペーンの紹介」など、優先度の高い情報をチラシの最初に載せる事で、見る人にインパクトを与え、さらにチラシに対して興味を持ってもらえます。そして、最も重要な情報は、大きな文字を使ったり派手な色をつけたりするなど、工夫すると一目見ただけでその情報の大切さが伝わります。

弊社では、インターネットを使ってチラシ印刷をご依頼いただけます。チラシ印刷の見積もり後、ご納得いただければそのまま発注確定となりますが、変更があれば再度見積もりが可能です。

デザイナーとの打ち合わせをして印刷料金をお支払いいただくと、指定された期日までに納品されますので、インターネットでのご注文が初めての方でも安心です。格安価格でチラシ印刷が依頼できる方法をお探しの方は、弊社のネット注文をご利用ください。

ページの先頭へ

 
 
contents_bottom