データチェックタイトル

チラシデザイン.netでは、お客様が一生懸命作られたデータが美しく印刷されるように細心の注意を図ってデータをチェックしております。一般的な印刷通販会社では、間違ったデータが入稿されてもそのまま印刷されてしまいますが、チラシデザイン.netでは、データの不備があった時点でお客様へ連絡し、正しい印刷ができるような処置を取らさせていただいております。

データチェック費用

データチェックは印刷ミスが起こらないように1つの印刷ファイルごとに厳重なチェックを行いますが、チェックに関する費用は一切必要ございません。

データをアップロードして印刷をご依頼のお客様は、印刷料金のみでご利用いただけます。
※消費税は別途

作成されたデータに合わせて、以下の項目をチェックさせていただいております。

絵柄の大きさチェック 絵柄サイズタイトル

発注いただいたサイズよりも小さく作成している場合、誤差の分絵柄のまわりに白いフチが付いてしまいます。逆に大きすぎる場合は用紙からはみ出てしまうのでデータを拡大縮小、もしくはサイズを修正をさせていただきます。

 

文字化けチェック 文字化けは起こしてない?

フォントを埋め込み、もしくはアウトラインの作成ができていない場合文字化けを起こしてしまいます。必ずデータを作ったパソコンで画面のキャプチャーを取って、印刷データに添付してください。

 

画像解像度 写真データの画質は適当?

デジカメの画素数のように、印刷データで使う写真にも「解像度」と言う画質の設定があります。この設定値が基準よりも低いとガタガタの仕上がりになってしまいます。

 

リンク切れ リンク画像の添付漏れは?

イラストレーターで作成の場合、リンク画像を添付し忘れるとその写真がスポッと抜けた状態で印刷されてしまいます。この危険性を回避するためには「画像の埋め込み」がオススメです。

 

カラーモード カラーモードはCMYK

データチェック時の最も多いミスがこのカラーモードです。ExcelからのPDFファイルなどどうしてもRGBモードでしか作成できない場合があります。こちらでCMYKに変換はできますが、RGBとCMYKでは色再現度が異なるため若干色がくすむ場合があります。

 

折り加工は 折り加工は正確に

三つ折りでご依頼の場合、サイズの折れ目位置やレイアウトはシビアになります。無理矢理ご指示通り三つ折りにすると、せっかくの印刷物がグチャグチャになってしまう可能性もございます。

 

塗りたし 塗り足しはついてる?

「塗り足し」とは、用紙サイズよりも3mm程度外側までデータを作成しておき、断裁時にインク上で切って用紙の端までインクを乗せるテクニックです。塗り足しが無い場合、若干縮小して白フチ有りの仕上げにするか、データを編集する必要があります。

 

文字は断ち切りの内3mm以内

文字は断ち切りの内3mm以内

用紙は機械で数百枚〜数千枚を一度に断裁しますので、ブレを加味してデータを作成する必要があります。用紙の端ギリギリに文字など切れてはいけない情報があるとブレた時に仕上がり時に読めなくなるため、断裁する箇所から内側3mm以内に収める必要があります。